ボランティア
ストーリー

ボランティアスタッフに参加して 亀山美優

 

今回私はヤマソンの参加者としてではなく、運営側にボラン ティアとして参加しました。 運営側に回ることでイベントを 盛り上げるための大変さ、大人の社会について知ることがで きたのではないかと思います。 ボランティアスタッフとしてはゴールしに来る方への応援、 ゴールした方の誘導、記録報告、またゴールテープを持つな どの業務を行いました。

今回のボランティアを通して自分が社会にどう貢献できる か、自分が発揮できるスキルは何かに気づき、また社会は自 分の思っていた通りに行かない事もあるのだと実感しまし た。 さらに自分のアビリティを知ることができただけではな く、ヤマソンというイベントがどれほど素敵な企画であるか という事も知ることができました。

I thあのなんとも表現しがたい感情はすごく夢のようで、幸せな 気持ちになれたような気がするとともにイベントに参加して 歩いた全員がそんな気持ちだったのだろうなと思いました。 ヤマソンは参加者とスタッフみんなが笑顔で暖かい気持ちに
なれるそんな素敵なイベントでした!

著作権 © 2020 Tokyo Yamathon |プライバシーポリシー